現在の新しいお墓のスタイル『永代供養』

永代供養とはいわゆる『永代供養墓』のことです。

核家族化、少子化、そして高齢化が問題となっている今日、自分たちのお墓を今後どうしていくかという悩みは切実です。

こうした状況は、都市部だけではなく、過疎化という問題を抱えている地方においても深刻であり、それぞれ守り手のいないお墓をどうするかという同じ問題に直面しています。

OKWave情報は必ず役に立ちます。

万が一、お墓を承継する人が絶えてしまえば、いずれは無縁墳墓として改葬されます。
このような状況の中、身寄りがなく、将来の墓の墓の悩みを抱えている方々にとって、永代供養墓がひとつの解決策となっています。


これは後継ぎの有無に関係なく、生前に申込みをすることで、お寺により未来永代にわたる供養と管理が約束されるお墓です。


この永代供養墓は、今までとは異なる新しいお墓の形態として、社会的にも大きな注目も集めています。



当然ながら、使用するには料金が必要となってきます。形式、納骨方法、供養内容等で料金は異なりますが、平均的には一体50万円前後です。

出来れば、料金だけで判断せず、納骨方法や供養内容等をよく考慮した上で自分に一番合ったものを選ぶとよいでしょう。



また、生前に申し込む場合は、宗教、宗派などの宗教的条件が問われる場合があります。中には宗教を一切問わずに申し込みが出来るところや、仏教徒であれば宗派を問わないところもありますので、確認をしておいたほうがベストです。

このような永代供養墓は新しいお墓のスタイルとして、今後定着していくことでしょう。